決勝日の早朝は、ちょっと涼しい?くらいの気温でしたが、

やっぱりお日さまが昇ってくると日差しが暑い(x□x`;)

ピットウォークが終わってすぐウォームアップ走行、そしてスタート進行!

 

バタバタとスケジュールは進み、あっという間にグリッドへ整列。

22QC1947.jpg

5ピットインの6スティント予定で、ドライバーの順番は吉本⇒飯田⇒吉本⇒飯田⇒吉本⇒飯田、

#60のピット作業は、基本的にはすべてドライバーチェンジ/タイヤ4輪交換/給油です。

170827_GT_Rd6_LM083.jpg

トラブルや大きなミスもなく、着実に周回を重ね、常に上位をキープはしていましたが、

各チーム、水面下で様々な作戦で戦っているため

やはり全車5回ピットを終えるまでは、実質の順位の全貌は見えてきません。

 

そして#60、5回目のピットイン、

5スティントまでを引っ張り、最後はショートスティント、柔らかいタイヤで猛プッシュです!

最後のピットインを終えた時点では前の車と十数秒離れた7位でしたが、

そこからじわじわと間を詰め、6番手へと順位を上げると、

上位走行中だった車がクラッシュにより離脱してしまった為順位は5番手となり、

ファイナルラップに1台オーバーテイクして4位へ!そのままチェッカーとなりました。

170827_GT_Rd6_LM092.jpg

表彰台へはあと一歩及ばず、

とても悔しい結果となりましたが、4位入賞、ポイント獲得です!

そして、

速いマシンと見事な作戦で、2位以下を大きく引き離して堂々の優勝を勝ち取られた65号車チームの皆様、おめでとうございました!

170827_GT_Rd6_LM094.jpg

次は海外戦、タイ!

今年モデルのRC F GT3はまだチャン・インターナショナルサーキットを走行したことはありませんが、

データを見ると、RC FGT3とチャンのトラックとの相性は良い模様('-^*)

次戦は上位の車のウェイトも減りますし、もちろん簡単には勝てないSUPER GTですが

#60チームは燃えてますよっ!!

 

レースは10月ですが、マシンと機材は来月中旬には船でタイへ旅立つので、

チームは大急ぎでメンテナンス&機材の準備です。

次戦も、引き続き#60 SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 の応援をどうぞよろしくお願い致します!

 

次回、鈴鹿1000kmおまけ編へつづく!