大阪トヨペットの地域貢献

大阪トヨペットは、
地域社会への取り組みを通して
大阪の未来につながる
活動を行っています。

2050年までの実現に向けて そもそも、
カーボンニュートラルとは?

What’s carbon neutral?

今、世界規模で取り組みが進む「カーボンニュートラル」。
そもそもカーボンニュートラルとは、温室効果ガス(二酸化炭素:CO2など)の排出分を「吸収」「除去」したりすることで、「全体としてニュートラル(差し引きゼロ)」にすることです。
日本も2050年までにカーボンニュートラル実現を目指すことを宣言。
実効性あるCO2排出量削減への取り組みを官民をあげて進めています。

CO2削減の最適解は電気自動車(BEV)? 日本のエネルギー事情だと
現実はもっと複雑です。

Japan's energy situation

動力別LCA (ライフサイクルアセスメント)でのCO2排出量

カーボンニュートラルに向けて、
クルマが排出するCO2を削減していくことは急務です。
そのためには、走行するときに排出するCO2だけではなく、
ライフサイクル全体(クルマやその部品を生産する・運ぶ時、廃棄・リサイクルする時)で発生するCO2の排出も削減する必要あります。
走行中にCO2を排出しない電気自動車(BEV)は注目を集めていますが、
再生可能エネルギーが少ない今の日本では、
クルマのライフサイクル全体で見ると、実はハイブリッド車(HEV)と、
電気自動車(BEV)のCO2排出量はほぼ変わりません。

動力別LCA (ライフサイクルアセスメント)でのCO2排出量
CO2を“出さずにつくられた電気”

bz4x

トヨタ初の電気自動車、遂に登場! 2022年5月12日(木) 申込受付開始

リース専用車KINTO取扱い

詳しくはスタッフまで。

Activity Hub 単なる移動手段ではなく、パートナーだと感じさせる
ワクワク感や愉しさを、安心・安全に体験できるクルマ

どの座席に座っても広く静かで心和らぐ空間

全く新しいクルマでありながら、安心して使えるBEV性能

リサイクルをはじめとする、
CO2低減へのより積極的な取り組み

○ルーフソーラーパネル(装着車を設定)

  • ・1年間で走行距離1,800㎞(社内試算値)に相当する発電量を生成し、優れた航続可能距離に貢献。
    充電スタンドがない駐車場等でも充電可能なほか、災害時など緊急時でも、太陽光による充電が可能。

○電池3R(Rebuilt, Reuse, Recycle)

  • ・世界トップレベルの電池容量維持率を確保し、電池のリビルト(検査・再組立て)、リユースにも積極的に取り組み。また電池リサイクルへの取り組みも推進。
  • ・リサイクル素材を積極的に採用。


大阪トヨペットの電動車

HEV
詳しい情報はこちらから
詳しい情報はこちらから
PHEV
詳しい情報はこちらから
詳しい情報はこちらから
FCEV
詳しい情報はこちらから

大阪トヨペット小型BEV

詳しい情報はこちらから
詳しい情報はこちらから

いつもの暮らしから、もしもの非常時まで給電できるクルマ

クルマから電気を取り出し
「移動できる電源」として使えます。
いつもの暮らしから、
もしもの非常時まで、“電気が動く” ことで、
場所に縛られることなく、
うれしさや安心が次々と広がっていきます。

給電できるクルマなら、こんなことも

いつもの給電

災害発生から3日間は人命救助が最優先。
約4.5日分*2の電力をまかなえる「給電できるクルマ」があれば、
ライフラインが復旧するまでの、大きな安心に。

もしもの給電

大阪トヨペットの給電できる
クルマラインナップ

  • コンパクト
  • ミニバン
  • セダン
  • ワゴン
  • SUV
  • 小型モビリティ
  • ビジネスカー
アクセサリーコンセント(AC100V・1500W)/非常時給電システム付
対象:
全車
設定:
標準装備*3
アクアについて詳しくはこちら
アクセサリーコンセント(AC100V・1500W)/非常時給電システム付
対象:
ハイブリッド全車
設定:
メーカーオプション*4*5*6
カローラスポーツについて詳しくはこちら
アクセサリーコンセント(AC100V・1500W)/非常時給電システム付
対象:
ハイブリッド全車
設定:
メーカーオプション*4
ヤリスについて詳しくはこちら
アクセサリーコンセント(AC100V・1500W)
対象:
ハイブリッド全車
設定:
標準装備*7*8
アルファードについて詳しくはこちら
アクセサリーコンセント(AC100V・1500W)
対象:
ハイブリッド全車
設定:
標準装備*9
ヴェルファイアについて詳しくはこちら
アクセサリーコンセント(AC100V・1500W)/非常時給電システム付
対象:
全車
設定:
一部グレードに標準装備、
一部グレードにメーカーオプション*3*10
ヴォクシーについて詳しくはこちら
アクセサリーコンセント(AC100V・1500W)/非常時給電システム付
対象:
全車
設定:
一部グレードに標準装備、
一部グレードにメーカーオプション*3*11
ノアについて詳しくはこちら
アクセサリーコンセント(AC100V・1500W)
対象:
ハイブリッド全車
設定:
メーカーオプション
シエンタについて詳しくはこちら
アクセサリーコンセント(AC100V・1500W)
対象:
2.5Lハイブリッド
設定:
メーカーオプション*12
アクセサリーコンセント(AC100V・1500W)/非常時給電システム付
CRONWN
対象:
3.5Lハイブリッド
設定:
メーカーオプション*4
クラウンについて詳しくはこちら
アクセサリーコンセント(AC100V・1500W)/非常時給電システム付
対象:
Xを除く全車
設定:
メーカーオプション*4*13
カムリについて詳しくはこちら
アクセサリーコンセント(AC100V・1500W)/非常時給電システム付
対象:
全車
設定:
標準装備*14*15
プリウスについて詳しくはこちら"
アクセサリーコンセント(AC100V・1500W)
対象:
ハイブリッド全車
設定:
メーカーオプション*4
カローラについて詳しくはこちら
アクセサリーコンセント(AC100V・1500W) DC外部給電システム AC外部給電システム(ヴィークルパワーコネクター)
対象:
全車
設定:
標準装備
(DC外部給電システムはメーカーオプション)
プリウスPHVについて詳しくはこちら
アクセサリーコンセント(AC100V・1500W)/非常時給電システム付 DC外部給電システム
対象:
Z“Executive Package”、Z、
G“Executive Package”、G“A Package”、A
設定:
標準装備
※Z“Executive Package Advanced Drive”、Z“Advanced Drive”はアクセサリーコンセント(AC100V・100W)となります。
MIRAIについて詳しくはこちら
アクセサリーコンセント(AC100V・1500W)/非常時給電システム付
対象:
ハイブリッド全車
設定:
メーカーオプション*4*16
カローラツーリングについて詳しくはこちら
アクセサリーコンセント(AC100V・1500W)/非常時給電システム付
対象:
ハイブリッド全車
設定:
メーカーオプション*4
https://www.osaka-toyopet.jp/lp/c-hr/について詳しくはこちら
アクセサリーコンセント(AC100V・1500W)/非常時給電システム付
対象:
ハイブリッド全車
設定:
メーカーオプション*4*18
C-HRについて詳しくはこちら
アクセサリーコンセント(AC100V・1500W)/非常時給電システム付
対象:
ハイブリッド全車
設定:
メーカーオプション*4*17
ハリアーについて詳しくはこちら
アクセサリーコンセント(AC100V・1500W)/非常時給電システム付
対象:
ハイブリッド全車
設定:
メーカーオプション*4
カローラクロスについて詳しくはこちら
アクセサリーコンセント(AC100V・1500W)/非常時給電システム付
対象:
ハイブリッド全車
設定:
メーカーオプション*4
ヤリスクロスについて詳しくはこちら
アクセサリーコンセント(AC100V・1500W)/非常時給電システム付
対象:
ハイブリッド全車
設定:
メーカーオプション
ライズについて詳しくはこちら
アクセサリーコンセント(AC100V・1500W) AC外部給電システム(ヴィークルパワーコネクター)
対象:
全車
設定:
標準装備
RAV4 PHVについて詳しくはこちら
アクセサリーコンセント(AC100V・1500W) AC外部給電システム(ヴィークルパワーコネクター)
対象:
全車
設定:
標準装備*19
(AC外部給電システムはメーカーオプション)
C+podについて詳しくはこちら
アクセサリーコンセント(AC100V・1500W)
対象:
全車
設定:
メーカーオプション
JPN TAXIについて詳しくはこちら
  • *1:■消費電力の合計が1500W以下の電気製品をご使用ください。ただし、電気製品によっては消費電力の合計が1500W以下の場合でも正常に作動しない場合があります。
    • ■電気製品の消費電力と起動電力をご確認ください。起動時に、消費電力の1.1~8倍の起動電力を必要とする電気製品があります。消費電力の合計が1500W以下であっても、起動電力により合計が1500Wを超えることで給電が停止することがあります。(※消費電力一覧をご覧ください。)
    • ■使用する電気製品の取扱書の注意事項に従ってご使用ください。防水仕様の電気製品を除き、雨や水のかかる場所、湿気の多い場所では電気製品を使用しないでください。アース線のある電気製品を使用するときは、アース線をアース端子に接続してください。
    • ■車両の状態によっては、一時的に給電が停止することがあるため、医療機器などは使用しないでください。
    • ■電気製品の使用可能な周波数と車両の電源周波数を合わせてご使用ください。
    • <非常時の電源としてご使用される場合>
      ■駆動用電池の残量減少などにより、自動でエンジンが作動する場合があります。地面が固く平ら、かつ換気の良い場所でご使用ください。一部地域では、駐車または停車中にエンジンを始動させた場合、条例に触れる可能性があります。関係する自治体に確認した上で、適切にご使用ください。
  • *2:プリウス、プリウスPHVの電力供給時間(満充電・ガソリン満タン/消費電力400W時)は約4.5日です。電力供給時間は車種によって異なります。
  • *3:合計消費電力は1500W以下でご使用ください。1500Wを超えると保護機能が作動し、給電機能が停止します。工場出荷時の電源周波数は車両によって異なります。車両の取扱説明書を確認し、電気製品の使用可能な周波数と車両の電源周波数が異なる場合は、スタッフまでご相談ください(工場出荷時は、50Hzに設定されています)。一部自治体では駐車または停車中にエンジンを始動させた場合、条例にふれる可能性がありますのでご注意ください。
  • *4:スペアタイヤとアクセサリーコンセントは同時装着できません。
  • *5:HYBRID G“Z”は4:2:4分割アジャスタブルデッキボードとアクセサリーコンセントはセットでメーカーオプション。なお、4:2:4分割アジャスタブルデッキボード〈8,800円〉は単独で選択することも可能です。
  • *6:HYBRID G、HYBRID G“X”は4:2:2分割アジャスタブルデッキボードとアクセサリーコンセントはセットでメーカーオプション。
  • *7:Executive Lounge、Executive Lounge Sに標準装備。コンセントは5個。
  • *8:G“Fパッケージ”、X、SR“Cパッケージ”、S、X/SR“サイドリフトアップチルトシート装着車”に標準装備。コンセントは3個。
  • *9:GODLDEN EYES Ⅱに標準装備。コンセントは3個。
  • *10:S-Gはインパネ一体型センターコンソールボックスとアクセサリーコンセントはセットでメーカーオプション。なお、2段階引出し式センターホルダーは非装着となります。
  • *11:S-G、G、Xはインパネ一体型センターコンソールボックスとアクセサリーコンセントはセットでメーカーオプション。なお、2段階引出し式センターホルダーは非装着となります。
  • *12:アクセサリーコンセント(AC100V・1500W)を選択した場合、ラゲージトレイの形状が変更となります。
  • *13:アクセサリーコンセントを選択した場合、充電用USB端子は非装着となります。また、デッキアンダートレイの形状が変更となります。
  • *14:Aプレミアム“ツーリングセレクション”、Aプレミアム、A“ツーリングセレクション”、A、S“ツーリングセレクション”、S、助手席回転チルトシート車、フレンドマチック取付用専用車に標準装備。コンセントは2個。
  • *15:Eに標準装備。コンセントは1個。
  • *16:スペアタイヤまたはアクセサリーコンセントを選択した場合、リバーシブルデッキボードは一段式となります。
  • *17:調光パノラマルーフとアクセサリーコンセントは同時装着できません。
  • *18:アクセサリーコンセントを選択した場合、デッキアンダートレイの形状が変更となります。
  • *19:アクセサリーコンセント(AC100V・1500W、助手席足元1個)非装着を選択した場合、外部給電システム(ヴィークルパワーコネクター付)は選択できません。
  • ●記載内容に万が一誤りがあった場合は、ご容赦ください。
給電できるクルマについて詳しくはこちら