C-HR
C-HR
C-HR

C-HR

Exterior これまでと一線を画するデザイン。Exterior これまでと一線を画するデザイン。

G。ボディカラーのブラック〈202〉×メタルストリームメタリック〈1K0〉[2NK]はメーカーオプション。リヤクロストラフィックアラートとバックカメラはセットでメーカーオプション。

BODY DESIGN

デザインスケッチの先進的なシルエットを崩すことなく、お届けすることができました。
それは、ダイヤモンドシェイプと呼ばれるエッジの効いたシルエット。
C-HRが走る姿は人目を惹きつける魅力に満ちています。

BODY DESIGN

GR

BODY DESIGN

PARTS

美は、細部にこそ宿る。細部まで妥協しない方のために、妥協のないパーツを作り抜きました。
例えばTOYOTA初のLEDシーケンシャルターンランプ。*
それは見た目の美しさと安全性が両立する最新パーツです。

*S、S-T以外のグレードで標準装備。

PARTS

Bi-Beam LEDヘッドランプ+LEDクリアランスランプ+LEDシーケンシャルターンランプ+LEDデイライト、リヤコンビネーションランプ(LEDタイプ)、
プロジェクター式ハロゲンヘッドランプ+LEDクリアランスランプ、リヤコンビネーションランプ(バルブタイプ〈LEDテール&ストップランプ〉)

BODY COLOR

  • ホワイトパールクリスタルシャイン

    ホワイトパールクリスタルシャイン〈070〉
    メーカーオプションとなります。メーカー希望小売価格は33,000円(消費税抜き30,000円)となります。

  • メタルストリームメタリック

    メタルストリームメタリック〈1K0〉

  • ブラックマイカ

    ブラックマイカ〈209〉

  • エモーショナルレッドII

    エモーショナルレッドII〈3U5〉
    メーカーオプションとなります。メーカー希望小売価格は55,000円(消費税抜き50,000円)となります。

  • オレンジメタリック

    オレンジメタリック〈4R8〉

  • イエロー

    イエロー〈5A3〉

  • オキサイドブロンズメタリック

    オキサイドブロンズメタリック〈6X1〉

  • ネビュラブルーメタリック

    ネビュラブルーメタリック〈8X2〉

  • ブラック×ホワイトパールクリスタルシャイン

    ブラック〈202〉×ホワイトパールクリスタルシャイン〈070〉[2NA]
    メーカーオプションとなります。メーカー希望小売価格は55,000円(消費税抜き50,000円)となります。

  • ブラック×メタルストリームメタリック

    ブラック〈202〉×メタルストリームメタリック〈1K0〉[2NK]
    メーカーオプションとなります。メーカー希望小売価格は33,000円(消費税抜き30,000円)となります。

  • メタルストームメタリック×ブラックマイカ

    メタルストームメタリック〈1K0〉×ブラックマイカ〈209〉[2ND]
    メーカーオプションとなります。メーカー希望小売価格は33,000円(消費税抜き30,000円)となります。

  • ブラック×エモーショナルレッドIIU5div>

    ブラック〈202〉×エモーショナルレッドII〈3U5〉[2NF]
    メーカーオプションとなります。メーカー希望小売価格は77,000円(消費税抜き70,000円)となります。

  • ブラック×オレンジメタリック

    ブラック〈202〉×オレンジメタリック〈4R8〉[2TC]
    メーカーオプションとなります。メーカー希望小売価格は33,000円(消費税抜き30,000円)となります。

  • ブラック×イエロー

    ブラック〈202〉×イエロー〈5A3〉[2PQ]
    メーカーオプションとなります。メーカー希望小売価格は33,000円(消費税抜き30,000円)となります。

  • メタルストリームメタリック×オキサイドブロンズメタリック

    メタルストリームメタリック〈1K0〉×オキサイドブロンズメタリック〈6X1〉[2TD]
    メーカーオプションとなります。メーカー希望小売価格は33,000円(消費税抜き30,000円)となります。

  • ブラック×ネビュラブルーメタリック

    ブラック〈202〉×ネビュラブルーメタリック〈8X2〉[2NG]
    メーカーオプションとなります。メーカー希望小売価格は33,000円(消費税抜き30,000円)となります。

Interior 走るために作られた空間。Interior 走るために作られた空間。

G(内装色:オーキッドブラウン)

DRIVING SPACE

誰よりも、ドライバーにワクワクしてほしい。どこまでも走れる快適なシート、
直感的に操作できるスイッチレイアウト、見た目も握り心地にも優れたステアリング。
ドライバーズファースト。すべては「走る楽しみ」を極めるために。

Interior

G。内装色はリコリスブラウン。リヤクロストラフィックアラートとバックカメラはセットでメーカーオプション。■写真は販売店装着オプションのT-Connectナビ9インチモデル装着状態イメージです。
詳しくは販売店におたずねください。■写真は機能説明のために各ランプを点灯したものです。実際の走行状態を示すものではありません。■画面はハメ込み合成です。

Interior

*. スペアタイヤまたはアクセサリーコンセントを選択した場合、デッキアンダートレイの形状と容量は変更となります。
【室内ユーティリティ】LEDイルミネーション付カップホルダー(フロント2個)[■写真はG-T。]、助手席グローブボックス(照明付)、センターロアトレイ、フロントドアポケット(左右)、コンソールボックス(クローズ時・オープン時)、リヤドアボトルホルダー(左右)、シートバックポケット(運転席・助手席)、パッケージトレイ[■S、S-Tはトノカバーとなります。]、デッキフック、買い物フック(デッキサイド)、デッキトリム[■写真はサイドデッキカバー無の状態です。]、デッキアンダートレイ

Performance 意のままの走り。Performance 意のままの走り。

DRIVING FEEL

C-HRの走りは、「意のままの走り」。
それは、クルマが「本当に」思いのままに動く感覚。
どんな状況でも心地よい応答を感じながら、運転する楽しみを存分に味わえます。

クラストップレベル*1の燃費性能と走りの楽しさを追求した、先進のハイブリッドシステム。

システム全体の高効率化により、低燃費を達成するとともに、モーターのトルクをしっかり活用し、発進した瞬間から、アクセル操作に対してクルマが素直に反応する走行フィーリングを徹底して追求。気持ち良いと実感できるシームレスな加速感を高次元で実現しています。

ハイブリッドシステムメカCG■写真はイメージです。ハイブリッドシステムメカCG■写真はイメージです。

TNGAの採用と高度な結合技術がもたらす、圧倒的なボディ剛性。

ボディ開口部に「キャビン環状骨格」や「リヤボディ環状骨格」などの環状骨格構造を採用。ボディのねじれ現象を抑制し、優れた操縦安定性を実現しています。さらに「構造用接着剤」を追加塗布しパネルの結合剛性を強化したほか、ホットスタンプ材*1(超高張力鋼板)の採用などにより、高いキャビン強度と軽量化を両立。静粛性や安全性にも貢献するなど、クルマに求められるポテンシャルを総合的に高めています。

TNGAの採用と高度な結合技術がもたらす、圧倒的なボディ剛性。TNGAの採用と高度な結合技術がもたらす、圧倒的なボディ剛性。

優れた操縦安定性を実現するために。

リヤスポイラーをはじめ、エクステリアから床下まで、空気をスムーズに流す形状を徹底して追求。実車走行評価や風洞設備での検証を繰り返し行い、車両全体で空力性能を磨き上げています。

優れた操縦安定性を実現するために

Safety 高次元の安全性能。Safety 高次元の安全性能。

Toyota Safety Sense

クルマや歩行者などを認識し、前方の安全を見守る、高精度な「2種類の目」。

Toyota Safety Sense(衝突回避支援パッケージ)

C-HRの“Toyota Safety Sense”では、ミリ波レーダーと単眼カメラを併用した検知センサーと、それに基づく統合的な制御により、クルマだけではなく、歩行者の認識も可能になり、事故の回避や衝突被害の軽減を支援します。「ミリ波レーダー」は検知できる距離が長いのが特徴で、速度域の高い状況にも対応します。一方、「単眼カメラ」は物体の形や大きさが識別でき、クルマや白線、対向車のランプだけでなく歩行者も認識できます。この特性の異なる2種類のセンサーが、卓越した認識能力と信頼性の高いシステムを可能にしています。

車線逸脱の可能性をドライバーにお知らせ。レーンディパーチャーアラート*1(ステアリング制御付)
 レーンディパーチャーアラート

道路上の白線(黄線)を単眼カメラで認識し、ドライバーがウインカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性がある場合、ブザーとディスプレイ表示による警報でお知らせ。さらに電動パワーステアリングを制御することで、車線逸脱を回避しやすいようにドライバーのステアリング操作をサポートします。

■高速道路や自動車専用道路でご使用ください。 ■レーントレーシングアシストは自動で運転する装置でも前方への注意を軽減する装置でもないため、運転者は常に自らの責任で周囲の状況を把握し、ステアリング操作で進路を修正し、安全運転を心がけてください。 ■故意に車線から逸脱して走行するなど、システムの作動を確認する行為はたいへん危険です。絶対におやめください。 ■車線維持支援機能が先行車に追従する支援を行う場合、先行車が車線を右、または左に片寄って走行、または車線変更した時は、先行車の位置に合わせて自車も片寄って走行し、レーンをはみ出すおそれがあります。先行車がふらついた時は、自車もふらついて走行し、レーンをはみ出すおそれがあります。

夜間の歩行者の早期発見に貢献。オートマチックハイビーム
 オートマチックハイビーム

ハイビームとロービームを自動で切替、夜間の歩行者などの早期発見をサポート。切替忘れを防ぐほか、手動操作の煩わしさも軽減します。

■自車速度約30km/h以上で作動します。 ■ハイビーム・ロービームの切替自動制御には状況により限界があります。運転時にはつねに周囲の状況に注意し、必要に応じて手動で切替えるなど、安全運転を心がけてください。 ■道路状況および天候状態等によっては、ご利用になれない場合があります。詳しくは店舗またはスタッフまでお問い合わせください。

先行車との車間距離を保って追従走行。レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)
 レーダークルーズコントロール

ミリ波レーダーと単眼カメラで先行車を認識し、車速に応じた車間距離を保ちながら追従走行を支援します。先行車が停止した時は自車も停止して停止状態を保持、先行車が発進した時はドライバー操作により発進し、追従走行を再開します。高速道路の渋滞走行時など、停止・発進を繰り返すシーンで、ドライバーの運転負荷を大幅に軽減します。

■車間距離制御は状況により限界があります。システムを過信せず、安全運転をお願いします。 ■システムの設定上限速度は撤廃されています。設定速度は、制限速度、交通の流れ、路面環境、天候などを考慮して適切に設定してください。設定速度の確認は運転者が行う必要があります。 ■道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。 ■高速道路や自動車専用道路でご使用ください。詳しくは店舗またはスタッフまでお問い合わせください。