クラブマンの決勝から4時間後。

いよいよプロクラスの決勝です!

IMG_9767.JPG  IMG_9762.JPG

IMG_9795.JPG  IMG_9786.JPG

対照的なグリッドです(^_^;)

IMG_9823.JPG OTG初のワンツーなグリッド!!

いよいよ10LAPの決勝レーススタート!

10号車は心配していたスタートと1コーナーを無事にクリアしトップのまま1ラップを終えます。

17_pro01_L.jpg

平中選手と近藤選手が3位争いをしている隙に10号車と60号車はギャップを広げることに成功!

その中でも60号車のペースが良く終始テールトゥーノーズで10号車にプレッシャーをかけ続けます!

中盤以降、いくら頑張っても離れない60号車に対して焦りが見え始める10号車。

毎ラップコースをはみ出しては逃げきろうとする10号車にしっかりとした乱れないラインの60号車。

17_pro02_L.jpg

走りを見ればすぐにわかるぐらい吉田選手には師匠である服部選手の大きなプレッシャーがかかっていることが容易に想像できました(^_^;)

同じ車、同じタイヤなので10号車と60号車は似ているセットながら、10号車はトラクション方向のセッティング。

60号車は曲がる方向のセッティングと若干の違いがあり、7周目まで服部選手は冷静に自分の速いところ、吉田選手の速いところを見極め、仕掛けるチャンスをうかがってました。

終盤にさしかかり吉田選手のペースが上がらず3位の近藤選手が徐々に追いついてきました。

8周目についに服部選手が3セクで勝負を仕掛けます!

13コーナーでイン側に車両をねじ込み、サイドバイサイドのままレクサスコーナーへ。

レクサスコーナーではイン側が吉田選手、アウト側が服部選手。両者譲らず横並びのまま立ち上がっていきます!

ついに最終コーナーではイン側にいた服部選手がトップに立ちました!

17_pro12_L.jpg

順位は変わったもののOTGワンツーのままファイナルラップ。

服部選手がそのまま吉田選手を引き離すと思われましたが、ギャップは思いのほか広がらず3位の近藤選手も追いつき、ミスの出来ない三つ巴の状況になりました。

ミスなく3セクまでいきましたが、最終コーナーで服部選手のイン側をうかがう吉田選手のさらにイン側に近藤選手が飛び込み、吉田選手は2位の座を一瞬近藤選手に明け渡してしまいます。

OTGのワンツーを崩されたかと思いましたが、吉田選手の立ち上がりが良くコントロールラインぎりぎりで2位を奪い返しチェッカー!

IMG_9832.JPG

IMG_9858.JPG IMG_9886.JPG

17_pro14_L.jpg 17_paddock28_L.jpg

服部選手は2015年の第3戦富士以来の優勝、そしてダンロップタイヤに初の優勝とOTG初のワンツーフィニッシュとなりました!!

さすが師弟関係の服部選手と吉田選手のレースはとてもクリーンで弟子の弱さを見逃さない師匠お見事でした!!!

吉田選手はプレッシャーで全く自分のラインを走れず、服部選手は車のセットの違いで抜きどころを見つけ、一瞬のチャンスを狙った通りにものにするあたりはさすがでした(^_^)/

決勝リザルトはこちら

次戦菅生はYOKOHAMAタイヤがニュースペック導入か!?という噂がありまたまた大変なレースになると予想できますが、OTG初の表彰台独占!!を目指して頑張ってもらいたいです!

あっ、ちなみに平木選手は15位。菅波選手は24位フィニッシュということで菅波選手パンチパーマ決定で~す(^O^)/

IMG_9948.JPG 菅生は頑張ります!!