高知県と愛媛県の県境近く、津野町の不入山(いらずやま)に始まり、太平洋に注ぐ全長196キロの四万十川。日本最後の清流とも呼ばれ、直線的な上流、大きく蛇行する中流、緩やかに蛇行する下流と、周りの山々屋や広がる空ともあいまって、様々な表情で壮大な川景色を見せてくれます。
四万十川名物ともいえる「沈下橋」を巡る旅や、自転車・カヌー・遊覧船でゆったり川を楽しむ旅は、人気のある観光スタイルです。豊かな流れは、様々な食の楽しみをもたらしてくれます。
天然のうなぎ、鮎、つがに、ゴリ、川エビ、あおさのりなど、四万十ならではの川の幸を郷土の料理方法で頂くことは、大きな旅の楽しみです。瀬戸内海とも太平洋ともひとあじ違った、水辺の楽しみを、ぜひ、高知の四万十川でみつけてください。