山間をぬって流れる清流、音信川(おとずれがわ)のほとりに、四季それぞれの趣をもつ湯の町です。河畔には遊歩道と河川公園があり、公園内の足湯では散策で疲れた足を休めることができます。
また、県下最古の湯本温泉の界隈は、戦国武将たちや、幕末の志士たちの物語に彩られた社寺や史跡がたくさんあります。そして、美しい情景は、多くの文人墨客を魅了し、いくつもの才能を開花させました。金子みすゞ、種田山頭火、中原中也、森鴎外、国木田独歩、近松門左衛門らの足跡が残されています。